3億円事件

3億円事件(さんおくえんじけん)

東京都府中市で昭和43年12月10日に発生した、未解決の窃盗事件

現金輸送車に積まれた東京芝浦電気・従業員のボーナス約3億円が、偽の白バイ隊員に強奪われた

被害額は現金強奪事件として、当時の最高金額

容疑者リストには約11万人が載り、警察官延べ17万人を導入、捜査費用は9億円以上が投じられた

3億円事件以後、給料等は口座振込が増加

また専門の警備員による現金輸送も増加した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA