カミナリ族

昭和30年代から40年代頃、オートバイで公道を高速走行することを集団

マフラーに改造を施して轟音を出しながら、集団で疾走することから「カミナリ族」と呼ばれた

昭和40年代後半から四輪車が増え、迷惑行為も多様化して、暴走族へと変化していった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください