紅茶キノコ

紅茶キノコ(こうちゃきのこ)

高血圧が下がるなどの効能があるとのことで、健康食品としてブームとなり、昭和40年代末から50年代にかけて流行した

モンゴル原産、シベリアで伝統的に飲まれている発酵飲料

紅茶などに砂糖を加え、栽培されたキノコ状の塊を漬け込み2週間ほど発酵させる

家庭で栽培し株分け出来るので、口コミで広まった

関連書籍も発行されている

その後、有害物質も入ってるとの噂が広がり、ブームは消え去りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください