カテゴリー別アーカイブ: 自動車・オートバイ

第2回日本グランプリ自動車レース大会

第2回日本グランプリ自動車レース大会

1964年(昭和39年)5月2日と3日に、三重県の鈴鹿サーキットにて開催された

主催者は日本自動車連盟(JAF)

しっかりとした競技規定が適用された

クラスは排気量で分けられたツーリングカー、GTカー
国内初のフォーミュラカーレースも行われた

中でも語り継がれているのは、GT-II(1001-200cc)クラス
プリンス・スカイラインGTとポルシェ・904の対決だ
結果はポルシェ・904が優勝したが、1周だけでもスカイラインGTがトップを走ったことは伝説となっている

第1回日本グランプリ自動車レース大会

第1回日本グランプリ自動車レース大会

1963年(昭和38年)5月3日と4日に、三重県の鈴鹿サーキットにて開催された

舗装されたレース専用コース(サーキット)での、日本初の本格的な4輪自動車レースとなった

排気量などで10クラスに分けて行われた

出場者は計148人

招待選手以外は、カーマニアのアマチュアであった

自動車メーカーは「日本グランプリには積極的に関与しない」との紳士協定を結んだが、車を改造したり、才能あふれるドライバーを乗せたメーカーもあった

優勝した車種は宣伝効果もあり、急速に販売成績を伸ばした

真面目に紳士協定を守ったメーカーは、翌年のグランプリでは雪辱を果たすべく必勝体制で挑むこととなる

スバル 360 1958年型

スバル 360 1958年型

sb360-1

軽快・経済・軽免許

スバル360はラビットスクーターの富士重工が完成した大人4人乗軽四輪乗用車

sb360-2

加速力と登坂力は驚く程強力

sb360-3

パノラミック前面硝子は一層よい視界を与え操縦の安定性を増している

ドライブでは素晴らしい景色を楽しむことが出来る

sb360-4

極めて小さい回転半径は4m

加速性能が素晴らしく、走り出してから200mまで17.5秒

また追い越しも楽に出来る

sb360-5

燃料消費は極めて少なく

満タンクのガソリンで400km以上走行できる

sb360-6

強制空冷2サイクル直列2気筒
総排気量356cc
圧縮比6.5:1
最高出力16ps/4500rpm
最大トルク3kg-m/3000rpm
キャブレター 横向通風式
トランスミッション 前進3段後進1段
全長 2990mm
全幅 1300mm
全高 1380mm
ホイールベース 1800mm
車両重量 385kg
定員乗車 4名
最高速度 83km/h
タイヤ 4.50-10-2P
サスペンション
フロント トレーリングアーム
リヤ 半スイングアクスル
ブレーキ
油圧式4輪制動

ニッサン シルビア CSP311型 昭和40年

ニッサン シルビア CSP311型 昭和40年

csp311-1

1点のムダもない、スタイル!

上品に輝くメタリックなボデーは、またくユニークなみずぎわだったプロポーション

磨きあげられた宝石のように、走るとその輝きをましてゆき、止まれば、やわらかく映えてくるその気品

”シルビア”こんも優雅な響きは月光の森に踊る美女をうたったドリーブの名曲「シルビア」 シューベルトの歌曲にもうたわれ、今もギリシャ神話の世界に生きる美女シルビア

csp311-2

フェアレディSP310型のシャーシーをベースに、クーペボディを装備

最新の理論によってデザインされたクリスプルック!

ホリゾンタルカットのラジエーターグリル

室内の色調は、上品なボデーカラーによくうつるベージュに統一

csp311-3

メーターパネルは、正面に大型スピードメーターとエンジン回転計
その左右に燃料計と水温計を配している
油圧、電流、前照灯のパイロットランプは、スピードメーターダイヤルの中にセットされる

csp311-4

日本初のポルシェタイプ・サーボシンクロ式4速フルシンクロトランスミッション

排気はデュアルエキゾーストパイプ

ゼロヨン加速17.6秒

csp311-5

エンジン型式 R型
水冷直列4気筒OHV
総排気量1595cc
圧縮比9.0:1
最高出力90ps/6000rpm
最大トルク13.5kg-m/4000rpm
キャブレター (HJB38W-3型)×3
トランスミッション 前進4段フルシンクロメッシュ
全長 3985mm
全幅 1510mm
全高 1275mm
ホイールベース 2280mm
最低地上高 170mm
車両重量 980kg
定員乗車 2名
最高速度 165km/h
タイヤ 5.60-14-4PR
サスペンション
フロント ウィッシュボーン・ボールジョイント式
リヤ 半浮動式バンジョー型
ブレーキ
フロント ディスク
リヤ リーディングトレーリング

csp311-6

ホンダ ドリーム CB750 FOUR K0型

cb750k0-1

ホンダ ドリーム CB750 FOUR K0型

昭和44年12月発行

cb750k0-2

元祖ナナハン

ホンダを代表するオートバイ

cb750k0-3

長距離を、高速で、快適安全に走れる、オートバイのGTといえるような車

量産車では例のない4サイクル並列4気筒SOHCエンジン

cb750k0-4

736ccの大排気量ながら軽量コンパクトにするため、ロングストローク、ドライサンプ潤滑などのメカニズムを採用

フロントブレーキは油圧作動のディスクブレーキ

スピードメーター・タコメーターとも大型フルスケール

cb750k0-5cb750k0-6全長 2,160mm
全幅 0,885mm
全高 1,155mm
ホイールベース 1,455mm
最低地上高 150mm
乾燥重量 220kg
定員乗車 2名
最高速度 200km/h
ゼロヨン加速 12.4秒
水冷直列4気筒SOHC
総排気量736cc
圧縮比9.0:1
内径×行程 61×63mm
最高出力67ps/8,000rpm
最大トルク6.1kg-m/7,000rpm
始動方式 セル・キック併用
キャブレター PW28×4
変速機 5段式リターン
フレーム形式 ダブルクレードル
ブレーキ
前 ディスク
後 内部拡張式
タイヤサイズ
前 3.25-19-4PR
後 4.00-18-4PR

cb750k0-7

プリンス スカイライン 2000GT S54B-2

プリンス スカイライン 2000GT S54B-2

昭和40年2月発行

s54b2-1

日本では、まったく新しいタイプの車

欧州のコルチナ・ロータス、アルファ・ロメオ・ジュリアTIスーパーに匹敵する

s54b2-2

ゼロヨン加速17.8秒

リッター当り出力62.9馬力、馬力当り重量8.55kg

s54b2-3

シフト・レバーはステアリング・ホイールから自然に手を落した位置にある

回転計は8,000rpmまで目盛りを設けてある(6,400rpm以上はレッドゾーン)

デュアル・エキゾースト・パイプから吐き出す豪快な排気音は迫力満点

s54b2-4

s54b2-5

エンジン型式 G7型
水冷直列6気筒OHC
総排気量1,988cc
圧縮比9.3:1
最高出力125ps/5,600rpm
最大トルク17.0kg-m/4,400rpm
キャブレター ウェバー(40DCOE)×3
トランスミッション 前進4段オールシンクロメッシュ
ガソリン プレミアム(レギュラー)
全長 4,255mm
全幅 1,495mm
全高 1,410mm
ホイールベース 2,590mm
最低地上高 155mm
車両重量 1070kg
定員乗車 5名
最高速度 180km/h
タイヤ 5.60-13-6PR
サスペンション
フロント コイルスプリング
リヤ 半楕円バネ、トルクロッド付
ブレーキ
フロント ディスク
リヤ リーディングトレーリング

s54b2-6

カローラレビン TE27 前期型

昭和47年3月発行

27lev1

レビン(稲妻)の名を借りた高性能車

超扁平高速ラジアルタイヤにハードサスペンション、迫力のオーバーフェンダー装備

セリカGTより100キロほど重量が軽いレビンは、馬力当り重量7.43kg

27lev2

操作ミス防止のため、リバースギアはリフトしなければ入らない

27lev3

メーターパネルはファミリーカーのカローラがベースだが、スポーティー感を醸し出している

27lev4

昭和40年代としては、ホールド性が高いバケットタイプのシート

ヒール&トウが容易なペダルレイアウトだ

27lev5

エンジン型式 2T-G型(2T-GR型)
水冷直列4気筒DOHC 総排気量1,588cc
最高出力115ps/6,400rpm(110/6,000)
最大トルク14.5kg-m/5,200rpm(14.0/4,800)
キャブレター ソレックス型ツイン
トランスミッション 前進5段オールシンクロメッシュ
ガソリン プレミアム(レギュラー)
全長 3,945mm
全幅 1,595mm
全高 1,335mm
ホイールベース 2,335mm
最低地上高 150mm
車両重量 855kg
乗車定員 5名
最高速度 190km/h(185km/h)
タイヤ 175/70HR13
サスペンション
フロント ストラット型独立懸架
リヤ 半楕円、リーフスプリング式
ブレーキ
フロント ディスク
リヤ リーディングトレーリング

装備を省いた「スペシャル」もある(車重840kg)

27lev6

ホンダ CB400FOUR-I

ホンダ CB400FOUR-I

cb400f-5

昭和53年から55年まで乗っていた

購入資金はバイトで稼いだ

中型二輪免許で乗れる398ccモデルを探して、極上のヨンフォアを見つけ購入できた

セミフラットハンドル&ライトルビーレッドのカラーリングが好みだった

408cc専用のバーニッシュブルーは迫力を感じた

パラキートイエローも良かった

エンジンの回転上昇は滑らかで、独自の「シュルシュルー」てな感じの音を立てて加速した

保管するガレージは無いので、ボディカバーを掛けていたが雨のあとはよく磨いたものだ

タンク形状も好きだったが、やはりエキゾーストパイプのラインが芸術的で素晴らしかった

cb400f-6

空冷4気筒OHCエンジンは398ccで、最高出力36ps/8,500rpm
最大トルク3.1kg-m/7,500rpm
キャブレター PW20×4 始動方式
セル・キック併用
全長 2.050m
全幅 0.705m
全高 1.040m
軸距 1.355m
最低地上高 0.450m
車両重量 184kg
燃料タンク容量 14リットル
ミッションは6速
タイヤサイズは前3.00S18-4PR、後3.50S18-4PR

専門誌のインプレションではバンク角やリアダンパーの容量不足が指摘されていたが、それほど飛ばさないので全く気にならなかった

2輪車では攻めない方だったが、4輪では攻めまくったね・・・反省しています

ダットサン サニー TS仕様

kb110ts

B110サニーのTSレース仕様車

プロダクションレースからTSレースまで、大人気だったレース車両

レースには空気抵抗が少ないクーペが使われた

排気量は1300cc以下に定められているので、TS仕様はA12型1200ccを1300ccにボアアップされた

ホモロゲーション(競技用の公認車両)には期限があるが、期限切れを惜しく声が多く特別延長が認められ1982年まで活躍した

ホモロゲ切れの1983年からはB210を飛び越してB310が活躍