トヨタ」カテゴリーアーカイブ

カローラレビン TE27 前期型

昭和47年3月発行

27lev1

レビン(稲妻)の名を借りた高性能車

超扁平高速ラジアルタイヤにハードサスペンション、迫力のオーバーフェンダー装備

セリカGTより100キロほど重量が軽いレビンは、馬力当り重量7.43kg

27lev2

操作ミス防止のため、リバースギアはリフトしなければ入らない

27lev3

メーターパネルはファミリーカーのカローラがベースだが、スポーティー感を醸し出している

27lev4

昭和40年代としては、ホールド性が高いバケットタイプのシート

ヒール&トウが容易なペダルレイアウトだ

27lev5

エンジン型式 2T-G型(2T-GR型)
水冷直列4気筒DOHC 総排気量1,588cc
最高出力115ps/6,400rpm(110/6,000)
最大トルク14.5kg-m/5,200rpm(14.0/4,800)
キャブレター ソレックス型ツイン
トランスミッション 前進5段オールシンクロメッシュ
ガソリン プレミアム(レギュラー)
全長 3,945mm
全幅 1,595mm
全高 1,335mm
ホイールベース 2,335mm
最低地上高 150mm
車両重量 855kg
乗車定員 5名
最高速度 190km/h(185km/h)
タイヤ 175/70HR13
サスペンション
フロント ストラット型独立懸架
リヤ 半楕円、リーフスプリング式
ブレーキ
フロント ディスク
リヤ リーディングトレーリング

装備を省いた「スペシャル」もある(車重840kg)

27lev6

トヨタ セリカ 1600GT TA22


初めてのマイカーだったので、もっと写真を撮っておけばよかった・・と今になって後悔

今みたいにデジカメや携帯は無かったなかったからね

純正ソレックスキャブ装着2T-Gエンジンは、吹け上がりも良かったな

若者はクーペに憧れる時代だった

エンジンはDOHCかロータリーしか眼中になかったので、中古で安いセリカGTとなったわけだ

25万円だからね、この予算では他にはボロボロのRE車しかなかった

TE27は高かったしね

中古でもハイオク仕様2T-Gは115psとパワフル

免許取立てで過激な走りはしなかったが、色々勉強できて良かった

免許は今のように即日交付ではないので、合格から3週間後の交付だった

免許交付日に納車となったが、高校生なので学校の帰りに車屋へ取りに行ってセリカで帰宅さ

学校の近くに親戚の家があったので駐車させてもらい、自動車通学したこともあったな

あー懐かしい

トヨタ 2000GT

あまりにも有名なトヨタの2シータースポーツカー

ヤマハの技術供与を受けて完成

販売価格は238万円で、昭和42年当時としては超高額車であった

画像の白ボディは前期型、シルバーが後期型だ

今ではフルレストアされた車両が3,000万円のプライスを付けることもある

トヨタ SV-3

1983年の第25回東京モーターショーで発表された試作車

翌年「MR2」として市販された

モーターショー展示前からトヨタのミッドシップが噂になっていたので、楽しみにしていた

発売されたら購入しようと思っていたよ

リアスポイラーはMR2よりスマートなデザインで、個人的にはSV-3の方が好みだ