「1ドル=360円」時代の終わり

1971年(昭和46年)8月15日、アメリカのニクソン大統領が発表したドル防衛策により、1ドル=360円の時代は終わりを告げた

円は「変動相場制」へ移行した

対米輸出比率の高い株式は急落
株価は過去最大の暴落を記録

しかし「円」は「ドル・ショック」に耐え、日本経済の実力を示した

「1ドル=360円」時代の終わり」への1件のフィードバック

  1. 鉄馬再生人

    初めまして、管理人とほぼ同世代だと思います。若干遅いくらい?

    私たちと同世代で、古いバイクを所有している人達(特にカワサキ)に取って、1ドル360円の時代が有ったと言う事は良かった部分も有ります。北米には今でも360円時代に輸出された車体や大量のパーツが残っています。何れ返って来るか破棄されるかどうかは解りませんが、日本でもやがて古いバイクに乗れなくなる時代が来るのでは無いでしょうか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA