昭和のテレビ番組」カテゴリーアーカイブ

ウィッキーさん

先日、スリランカで痛ましい事件がありました

痛ましい事件のない世の中になることを、切に願います

スリランカのキーワードで、ふとウィッキーさんを思い出した

日本テレビ「ズームイン!!朝!」ワンポイント英会話のアントン・ウィッキーさん
スリランカ人です

午前7時過ぎ頃の時間帯に、街頭での生中継のため、
ウィッキーさんに声を掛けられるのは、大半が通勤中のサラリーマン

My name is Wicky
May I have your name please?
と声を掛けられると、みんな陸上選手なみの猛ダッシュで逃げる!逃げる!

逃げ遅れると捕まり、英会話レッスンが始まる人気コーナー

いつも笑いながら見ていましが、
たぶん昭和57年頃のある日、テレビには、わが家から徒歩1分のJR駅前でウィッキーさんが写っている

何も考えずに速攻で現地に向かうが、
ウィッキーさんが見えてくると、もし声を掛けられたらどうしようとビビッてきた

ビビりながら、ウィッキーさんの後ろを通り過ぎること決めて速足で通過
その瞬間、ウィッキーさんは振り返り追いかけてきた
捕まりたくないので100m10秒のスピード(のつもり)で猛ダッシュ

振り切った後、他の人が捕まり英会話レッスンしているところを見て楽しんでいました

あー懐かしい

けど今どきMy name is 〇〇と言うと、笑われるよ

ローラーゲーム

ローラーゲーム

アメリカ発の、ローラースケートを履いて、トラックで行うスポーツ

スポーツと言っても、プロレスのようにエンターテイメント性が高く格闘技のような面もある

日本では昭和40年代にテレビ放映され、人気があった

「東京ボンバーズ」というチームが活躍

ルールを良く知っている視聴者は少なく、格闘技観戦の感覚でに楽しんでいた

仮面ライダーカード

仮面ライダーカード

多数所持していたカードは全て販売して、残っていないので画像は復刻版です。

カルビー仮面ライダースナックのカードが有名だが、他に駄菓子屋で売っているカードも存在した。

小学生の時に夢中で集めたものです
新しいカードが発行されると古いものは出てこなくなり、ダブったカードを友達と交換しながら集めました。
たまに違う店に立ち寄り、古いカードが出るとラッキーだった
ラッキーカードが出るとアルバムに交換するので、一部の番号のカード(注1)は揃いにくいが、期限切れ(注2)のラッキーカードが出ると喜ぶこともあった。
注1)ラッキーカードは決まった番号にしか存在しないので、ラッキーカード番号の普通のカードは希少
注2)ラッキーカードには、アルバムに交換するため期限の年月日が印刷されている

仮面ライダーカードは546番まで、仮面ライダーV3カードは460番まである。

最後の方の番号は、初版発行のみのため希少だ。
バージョン違いも多く、完全コンプリートは殆ど無理だ

以前仮面ライダーカードを多数取り扱っていたので、本にも紹介されていないものや、エラーカード(表と裏が合致しなかったり、裁断ズレなど)もたくさん見てきたよ。