あ行」カテゴリーアーカイブ

ウィッキーさん

先日、スリランカで痛ましい事件がありました

痛ましい事件のない世の中になることを、切に願います

スリランカのキーワードで、ふとウィッキーさんを思い出した

日本テレビ「ズームイン!!朝!」ワンポイント英会話のアントン・ウィッキーさん
スリランカ人です

午前7時過ぎ頃の時間帯に、街頭での生中継のため、
ウィッキーさんに声を掛けられるのは、大半が通勤中のサラリーマン

My name is Wicky
May I have your name please?
と声を掛けられると、みんな陸上選手なみの猛ダッシュで逃げる!逃げる!

逃げ遅れると捕まり、英会話レッスンが始まる人気コーナー

いつも笑いながら見ていましが、
たぶん昭和57年頃のある日、テレビには、わが家から徒歩1分のJR駅前でウィッキーさんが写っている

何も考えずに速攻で現地に向かうが、
ウィッキーさんが見えてくると、もし声を掛けられたらどうしようとビビッてきた

ビビりながら、ウィッキーさんの後ろを通り過ぎること決めて速足で通過
その瞬間、ウィッキーさんは振り返り追いかけてきた
捕まりたくないので100m10秒のスピード(のつもり)で猛ダッシュ

振り切った後、他の人が捕まり英会話レッスンしているところを見て楽しんでいました

あー懐かしい

けど今どきMy name is 〇〇と言うと、笑われるよ

アメリカンクラッカー

アメリカンクラッカー

カチカチボール、カチカチクラッカーとも呼ばれた

日本にでは昭和46年3月に発売

宣伝文句は「アメリカで大流行の玩具」

長さ30cm位の紐の両端にの硬質プラスチック製のボールが付いている
紐の中心にはリング付いていて、親指と人差し指でつまみ上下に振る
すると両端のボールぶつかり合い「カチカチ」と音が出る

慣れるとハイスピードでボールを上下交互でぶつける事が出来て、キレイな輪に見えるし連続音を奏でる

連続○○回出来たと、競い合った
縄跳びで二重跳びが、連続○○回出来た・・と同じ感覚だね

「カチカチ」音はウルサイし、使っているうちにボールが破損する
危険だとのことで発売中止になり、短期間でブームは去っていった

やはり私のアメリカンクラッカーも、遊んでいるときに欠けました
たしかに危なかったね

その後、改良品が発売され現在も入手可能だ

安保闘争

安保闘争(あんぽとうそう)

昭和34年から昭和35年、昭和45年の2度に渡り、自民党が日米安全保障条約の強行採決を行った

これ反発した国会議員、労働者、学生らが参加した大規模の反政府、反米運動とそれに伴う政治闘争である

昭和35年6月15日には、機動隊が国会議事堂正門前でデモ隊と衝突し、デモに参加していた学生が圧死
多くの負傷者を出した

日米安全保障条約は国会で強行採決されたが、岸内閣は混乱の責任を取り総辞職に追い込まれた

浅間山荘事件

浅間山荘事件(あさまさんそうじけん)

昭和47年2月19日から2月28日、長野県北佐久郡軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」で、連合赤軍が人質を取り立てこもった事件

2月28日に連合赤軍に最後通告を突きつけた後、行動を開始
ガス弾を打ち込み、クレーン車にて2トンの鉄球で山荘の壁を破壊
警察隊が強行突入し、人質を無事救出、犯人5名は全員逮捕された

警官2人が死亡、警官5人が重軽傷を負った

人々の注目が高く、テレビ中継も高視聴率を記録した

アポロ11号、月面着陸

アポロ11号、月面着陸

人類初の月面に到達させた宇宙船である

乗員は
アポロの船長「ニール・アームストロング」
月着陸船「イーグル」の操縦士「バズ・オルドリン」
司令船「コロンビア」の操縦士「マイケル・コリンズ」
の3名

1969年7月16日、アポロ11号を載せたサターンV 型ロケットがケネディ宇宙センターから発射された

7月19日に月の周回軌道に乗り、7月20日に月着陸船イーグルは司令船コロンビアから切り離され、苦労の末に月面着陸に成功

アームストロングが、月面に降り立った初めての人類となった

星条旗を立て、観測機器を設置、岩石など採取した

7月24日、無事帰還

採集した岩石は日本でも展示された

当時、小学生だった私も展示された「月の石」を見て、感動した記憶がある

大阪万博

大阪万博

日本初の国際博覧会

正式には日本万国博覧会(にっぽんばんこくはくらんかい)

英語表記のEXPO’70も用いられた

会期は、1970年3月14日から9月13日まで

「人類の進歩と調和」をテーマに、世界77ヵ国が参加

人気のテーマ館や太陽の塔では、長蛇の列となった

大阪万博のテーマ館のシンボル「太陽の塔」は、芸術家の岡本太郎が制作した作品

オブラート

オブラート

デンプンから作られている、水に溶けやすい半透明の薄い膜

薬品や菓子などを包み、飲み込むことができる

昭和の時代、包装にくっつきやすい菓子に用いられた

苦味があったり、飲みづらい薬を服用する際に用いられた

飲み薬はカプセルや錠剤が増えたので、あまりオブラートを見かけることがなくなりました