いすゞ 117クーペ

117c

ショーモデル「117スポルト」が改良され「117クーペ」の名で市販された

4シーターの流麗なボディは、ジョルジェット・ジウジアーロのデザイン

画像の初期モデルは手間の掛かるハンドメイド・ボディ

フロントバンパー上にターンシグナルランプがついている

ハンドメイド・モデルは生産台数が少なく希少

この後、機械プレス成型の量産化された

1977年末のマイナーチェンジで丸型4灯ヘッドランプは、角型4灯式に変更された

その1年後には排気量が2000ccの「スターシリーズ」登場

1981年に「ピアッツァ」の登場と共に役目を終えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください