伊勢湾台風が上陸

伊勢湾台風(いせわんたいふう)が上陸

昭和34年9月26日、台風15号が紀伊半島の潮岬付近に上陸し、広範囲にわたって甚大な被害を及ぼした

伊勢湾沿岸の被害が特に甚大で、伊勢湾台風と名づけられた

死者4,697人・行方不明者401人・負傷者38,921人・被害家屋833,965戸

犠牲者の72%が高潮によるものだった

室戸台風、枕崎台風とあわせ、昭和の三大台風の一つに挙げられている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA