丸山ワクチン

丸山ワクチン

結核患者にはガンが少ないことに気付いた、皮膚科医の丸山千里(まるやま ちさと)大学教授が研究開発したワクチン

昭和40年代、がんの特効薬として期待が高まった

抗がん剤としての認可は下りていないが、有償の治験薬として今も使われている

しかし放射線療法による白血球減少症に対し、免疫力を回復させるため薬として承認されている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください