コックリさん

コックリさん

五十音表や数字が書かれた紙を置いたテーブルを数人で囲む
紙の上に10円玉を置き、囲んだ人たちが軽く指先ををのせる

コックリさん(狐の霊)を呼びだし、質問すると10円玉が文字表の上を動いて答えてくれる

占い的な要素がある

昭和40年代に、「つのだじろう」の漫画「うしろの百太郎」で紹介され、ブームを起こした

小学生時代に、放課後の教室でやっている人がいたなぁ

懐かしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください