ストリーキング

昭和40年代の末期に、
全裸で屋外を疾走する、ストリーキングなる行為が流行した

流行したといっても、もちろん見たことはなかった

そのような記憶を完全に忘れ去った昭和55年のある日の夕方、
幹線道路沿いのガソリンスタンドへ給油に立ち寄った

そこにはなんと衝撃の光景が・・・
全裸の男がガソリンスタンドから走り去っていった😨

店員さんに尋ねてみたら、その男は「水をくれ!」と言ったそうだ
店員さんは気持ち悪いので断ったら、その男は出て行ったそうだ

給油中に🚔パトカーのサイレンが聞こえてきた

そこは警察署の近くです
通報があったようで、あっという間に連行されていきました

あーキモっ😱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください