ホンダ CB400FOUR-I

ホンダ CB400FOUR-I

cb400f-5

昭和53年から55年まで乗っていた

購入資金はバイトで稼いだ

中型二輪免許で乗れる398ccモデルを探して、極上のヨンフォアを見つけ購入できた

セミフラットハンドル&ライトルビーレッドのカラーリングが好みだった

408cc専用のバーニッシュブルーは迫力を感じた

パラキートイエローも良かった

エンジンの回転上昇は滑らかで、独自の「シュルシュルー」てな感じの音を立てて加速した

保管するガレージは無いので、ボディカバーを掛けていたが雨のあとはよく磨いたものだ

タンク形状も好きだったが、やはりエキゾーストパイプのラインが芸術的で素晴らしかった

cb400f-6

空冷4気筒OHCエンジンは398ccで、最高出力36ps/8,500rpm
最大トルク3.1kg-m/7,500rpm
キャブレター PW20×4 始動方式
セル・キック併用
全長 2.050m
全幅 0.705m
全高 1.040m
軸距 1.355m
最低地上高 0.450m
車両重量 184kg
燃料タンク容量 14リットル
ミッションは6速
タイヤサイズは前3.00S18-4PR、後3.50S18-4PR

専門誌のインプレションではバンク角やリアダンパーの容量不足が指摘されていたが、それほど飛ばさないので全く気にならなかった

2輪車では攻めない方だったが、4輪では攻めまくったね・・・反省しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください