オリバー君

1976年に、チンパンジーと人間の中間にあたる生物として来日し、話題となる

頭髪が薄く、人間のような直立二足歩行、ビールを飲んだり煙草を吸ったり、人間に近い行動をとった(興行的にとらされた)

染色体の数が人間(46本)、チンパンジー(48本)の中間の47本と言われた

その後、オリバー君の染色体はチンパンジーと同じ48本と判明、科学的にチンパンジーと証明された

2012年に亡くなった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください